家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較!

大手だから素晴らしい?とは限らない?!

大切な資産である家を売却するというのは、人生で何度もある経験ではありません。
だからこそどこの不動産屋を選ぶのかがとても大切です。

しかし、1人の人が何度も経験するわけではなから故、その選び方について迷うことでしょう。
まず、誰でも思い浮かぶような大手不動産か、あまり知られていない中小不動産、どちらを選ぶかが問題です。

両方のメリット・デメリットがもちろんあります。

大手不動産と中小不動産のメリットデメリット

大手不動産を利用するときのメリットとしては、まずはその発信力が魅力でしょう。

家を買おうとする人は、まずは大手不動産のホームページを見たり、お店を訪れたりするので、売り出し中の物件が多くの人の目に留まることになります。反対にデメリットとしては、大手なのでシステム的で売り手のちょっとした注文や希望などが受け入れてもらえることはあまり期待できません。

反対に中小不動産を利用する時についてです。

メリットは、地元に根付いているような会社であれば、
地元ネットワークを利用して様々な情報を教えてくれることもありますし、
担当者との距離感が近く、売り手の要望などを親身になって聞いてくれるかもしれません。

デメリットとしては、全国からの顧客は大手不動産を通すことが多いと考えられるため、
売り出し情報がたくさんの人に目に留まることはあまり期待できません。

しかし、今はネット社会なので、中小不動産が大手の住宅情報サイトに登録していたりすれば、そんなにデメリットとなることはなさそうです。

どちらが良いか、一長一短はありますが、大切な資産を任せる会社なので、自身で納得のできる所を選びましょう。

具体的にどういう手順で依頼をすればいいのか?

【家の売却:参考サイト】

>>家を売るサイト

こちらのサイトは初めて家を売る方、つまり初心者向けの手順が書かれたサイトです。
今までいろんな自宅売却サイトを見ましたが、その中でもかなりわかりやすく説明されているため、
かなりおすすすめです。