住宅ローンの返済中でも家を売れるの?

住宅ローンの返済中でも条件付で売れます

住宅ローンを組んで家を購入した人にとって「どうしても返済中に家を売らなければならなくなった場合に売れるのか」という点は疑問としてよく挙がることの一つです。

住宅ローンの返済中は抵当権が設定されているため、持ち主は自由に家を処分することができません。

しかし、これはあくまで原則であり、売却手続きで住宅ローンが完済される見込みがあれば、抵当権を消滅させることができるので問題なく売却することができます。

大抵の住宅ローンでは、お金に余裕があれば繰り上げ返済をすることが認められており、完済可能であれば一括返済をすることもできます。

住宅ローンの返済中の家の売却は、手持ちのお金と売買代金をつかって一括返済ができれば認められます。

手続き上では、現金が出てくるケースは返済金を持参してきた場合に限られ、金銭の移動は伝票を用いて行われます。

一方で、売却するのに住宅ローンの一括返済は必須なのかというと、
持ち主を取り巻く状況によってはこれをせずに売れることがあります。

そのケースとは任意売却と競売です。任意売却は、債権者である金融機関の承諾を得て売却をする方法で、
ローンの返済が困難な場合に利用することができる特別な売却方法です。

この方法で家を売却する際は弁護士などの専門家の協力が必須です。
これに対して競売は、ローンの返済が長期間滞っており、再三にわたる返済の催促に応じない場合に、裁判所への申し立てを経て行われる方法で、売れるというよりは売らされるといった方が良い売却方法です。

ただし、競売にかけられても一定期間内であれば任意売却への切り替えを認めてくれることがあります。

>>家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較! へ戻る