家を売却するならリフォームしたほうがいいトク?

リフォームは見栄えがいいけど・・・

家を売却するならリフォームしたほうがいいという話がありますが、これは場合によってはリフォームしたほうが高く売れるケースがあり、逆に費用のほうが高くついてしまうケースもありまして、物件や条件によって変わってきます。

家を売却する時にリフォームをした場合のメリットになりますが、見栄えが良くなりますので印象がかなり良くなります。
特に室内が綺麗だと買い手が付きやすいと言われていまして、成約率が全然変わってきます。

元々家を購入したらリフォームをしようと考えている人が多いので事前にしていたほうがローンを組めない人には有難いですし、その費用を考慮しなくて済みます。

デメリットはずばり!費用面!

逆に家をリフォームして売却する時のデメリットになりますが、費用がかかりますので、その分だけの費用が売却時の価格に上乗せできなければ赤字となります。

さらに自分でリフォームを行いますので買い手とのイメージが違ってしまうと売り辛くなるケースもありますし、自分で行いたいと考えている人も多いです。

このように買い手にとって良いイメージのリフォームをできるのであればメリットとなり、通常よりも高く売却する事ができます。

しかし、基本的に高く売却できると決まってはいませんので物件の状況によって左右されますので不動産屋の担当者と相談して決める必要があります。

ちょっと手を加えて綺麗にするだけなら、それほど費用がからず特に水回りを綺麗にしておくと喜ぶ人が多くいますので、プラスに働く事が多いです。

家を売却!良い不動産屋・悪い不動産屋の見分け方はある?!

不動産選びで何百万円も損する?!

家を売却する時に何が大事かと言いますと良い不動産屋を見つける事になります。
街中にはたくさんの不動産屋がありますが、その中で良い不動産屋と悪い不動産屋を見分けるのは難しいかもしりませんが、少しでも良い条件でトラブルがないように家を売却できるように見分け方を知る必要があります。

良い不動産屋と悪い不動産屋の見分け方になりますが、いくつかのポイントがあります。
不動産屋の奥は店頭に物件情報を掲載していますが良い不動産屋は常に情報を更新しており更新日も掲載しています。

逆に悪い不動産屋だと募集が終わった物件でも良いものであれば広告のために掲載している事も多く、ホームページの更新もそれほど行わっておらずスタッフや店舗の情報も曖昧なので情報を開示している不動産屋を選んでください。

次に大事なのが問い合わせをした時に無理な接客をしていないかです。

強引に契約を結ばせようとしたり、誇大広告で釣ったりと営業の担当者が急かさせるようでしたら要注意です。
これらの強引な接客がなく希望に対して提案をしてくれる不動産屋が良い不動産屋や担当者であり、物件のマイナス部分もしっかり指摘・分析してくれる方は信用できます。

また情報に強い不動産屋は地元の事をよく知っていますので地元の事を聞くのも良いかもしれません。

良い不動産屋を見分けるためには、実際に訪問したり、情報を見たりして更新がされているか対応が真摯に対応してくれて信用できるかどうかで判断する事になります。

情報に強く、しっかりと見てくれる不動産屋は任せる事ができ家の売却で頼りになります。

家を売却!個人間での取引のメリット・デメリット

家を売却するとき、不動産を入れないのはどうなの?!

家を売却するときには、不動産会社が間に入って行うのが一般的ですが、不動産会社を入れないで個人間で取引することも可能には可能です。

不動産会社が仲介した場合は、仲介手数料を支払いますが、個人間の場合はその費用が発生しないので、コストメリットがあることは確かです。

しかし、現実問題としての個人間取引は、売り主、買い主が友人・知人であるとか、
友人・知人の紹介で、何らかご縁がある人同士で売買するというケースに限られています。

いずれにしても、売買契約にかかわる書類は準備する必要がありますが、
不動産知識が乏しい場合は、決めておかなければならないことが漏れていて、後でトラブルになることもあります。

また、物件の正確な情報の把握という面でも、
専門家でない場合は難しく、売買価格への反映という面でも心配が残ります。

そして、一番大きな問題は、買う側が資金を金融機関から借り入れるというケースです。
金融機関は住宅ローンの審査をする際に不動産会社が作成した売買契約書を求める傾向にありますが、個人間で作成した契約書とあると、審査が慎重になり、融資のタイミングがずれてしまう傾向もあります。

そして、売買が終わった後の登記の問題ですが、これも専門家が噛んでいないと面倒なことになりやすいのです。
素人では全くできないというわけではないのですが、結構手間暇がかかるというデメリットが全体的にあるということです。

ただし、不動産会社の中には、個人間取引に関するアドバイスや手続きをしてくれ、手数料もそれなりの金額で済ませるところもあるので、前もって相談するのがいいでしょう。

内覧前までに自宅のどこを掃除しておけばいい?

内覧前までに掃除を!でもどこをすればいい?

自宅を売り出したいのであれば、少しでも高く購入してくれる人に喜んで購入してもらえるようにしなくてはなりません。

家を購入してくれる人は、必ず内覧をしてから購入をする用意なりますので、その時にいい印象を与えられるようにしておきましょう。

内覧時に悪い印象を与えてしまうと、売り出し価格よりも値切られてしまう可能性もありますし、話し合いをしてもこちらの希望が通りにくくなってしまうからです。

そのため内覧前には掃除をしておくことで印象を良くしていくことが出来るでしょう。

内覧前に掃除をしておくのであれば、部屋全体を片づけるようにして、きれいな印象を与えられるようにしなくてはなりません。

リビングは家の中心!心臓部

掃除をするのであれば、重点的にしておきたい部分として、リビングがあります。

一日のうちで過ごすことが多いリビングは買主も気にしている部分になりますので、重点的にチェックされる部分になるからです。
そして、水回りに関してもきれいに掃除しておくようにしましょう。

お風呂やトイレ、キッチンなどをいかにきれいに使っているかによって、その家を大事に扱っていたかを知られてしまうことになりますし、カビだらけになっているお風呂を見てしまうと、そこに入りたいとは思わなくなってしまいます。

内覧によってイメージが悪くなってしまったのであれば、そこから購入意欲は下がる一方になりますので、内覧時に気に入ってもらえるように、あらゆるところを掃除しておくようにしましょう。

>>家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較! へ戻る