家を売却した際の仲介手数料は値引きできる?

仲介手数料は値引きできます

不動産の取引は、何千万円以上の高額の取引で、人生の中でも経験する機会は限られています。

経験する機会は限られていることに加えて、仲介手数料や登記費用、税金などの様々な諸費用が掛かるので、家を売却する場合、いくらで契約すると実際にいくら手元に残るか、試算しておくと安心です。

 諸費用の中で、登記費用は一般的には購入する側が負担するので、売り手は心配する必要がありませんが、売却時点で住宅ローンの残債が残っているなど、抵当権の抹消が必要な場合、所有権移転登記の事前準備は売主が支払います。
 不動産の取引には、媒介(仲介)と直接取引があります。

 市場で不動産会社に買い手を募集してもらうことを媒介といいますが、不動産会社が直接の買い主になる場合は媒介ではないので仲介手数料は不要です。

 不動産会社が買い手となる場合、不動産会社はそれにリノベーションをするなど、付加価値をつけて転売するため、一般的には市場で買い手を募集する媒介よりは低い価格での取引になります。直接取引のメリットは、短期間で確実に資金化できることなので、買い換えで次の物件が決まっているときなどに便利です。

 市場で買い手を募集する媒介取引の仲介手数料は、取引価格の3%程度と決まっているため、取引価格が3千万円なら100万円近い高額になり、諸費用の一部と軽視できない金額です。

 仲介手数料は、国土交通省の告示で上限が定められており、多くの不動産会社はこれを根拠にしているので、一見横並びです。ただし、告示の定めは上限なので、値引きは禁止されていません。

 取引成約してからの値引き交渉は困難なので、交渉は事前にしておくと効果的です。

家を売却するならどのタイミングがベスト?

家を売却するならどのタイミング?

家を思い切って売却するベストのタイミングはいつなのでしょうか。

通常、不動産の市場は転勤や移動の時期が多くなる1月~3月が動きが活発になるため、
賃貸物件などの取引は多くなるといわれています。

ですが、売却物件は比較的どの時期でもニーズはあるようなのでどのような季節や時期がよい、
といったことは特にないようです。

どちらかというと築年数や建物の内部の状態によって取引金額がかなり違ってくるので、
必要に応じて適宜リフォームを入れてメンテナンスをするといったような点は考慮しておいたほうが良いかもしれません。

家をベストな状態で売却できるのは築10年~20年未満の物件です。

その時期であれば比較的良い値段で取引できます。

築年数に関していえば、家の売却はあまり早すぎても、遅すぎてもメリットがありません。

新築物件をすぐ売却すると、市場で2~3割減で販売されることになるのであまりお勧めできません。

また固定資産税も築3年は安くなっていますので、その期間は少なくとも保有しておいたほうが良いようです。

また、長年空き家にしておいた自宅は、居住しなくなった日から3年目の12月31日までに売れば、「マイホーム特例」として売却物件3,000万円に対して控除が認められています。

相続で受け継ぐ予定の場合は申告期限から3年まで相続税の一部を家の所得費から差し引くことができるといった制度もあります。時期や税金の仕組みなどもよく調べてからベストなタイミングで家を売却計画をたてることがよいようです。

>>家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較! へ戻る

不動産一括査定のメリット・デメリット

不動産一括査定は今流行の依頼方法

所有している不動産を売却するとき、思い入れが強い場合もあるので、少しでも高値で売却したいと考えるのは当然です。

できるだけ多くの不動産会社に査定してもらうことで、適正な売却相場を知ることができますし
一番高い値段を付けた不動産会社に売却することができます。

ただそれぞれの不動産会社に査定をしてほしいと連絡することは面倒なので、
そんなときは不動産一括査定を利用することが便利です。

不動産一括査定を利用するときは、住所や家の大きさ、築年数を入力するだけで、複数の不動産会社から査定額を教えてもらえるというメリットがあります。

それぞれの不動産会社に連絡をしなくて良いので、気軽に査定をしてもらうことができます。

全国規模の不動産会社からも査定してもらうことができますし、
納得のいく査定額をつけてくれた不動産会社にだけ連絡すればいいので、気が楽だというメリットがあります。

ただ不動産一括査定にはデメリットもあり、不動産一括査定に登録していない不動産会社の方が、高値で買い取ってくれる場合があります。

特に地元密着の不動産会社の場合は、地元に詳しくて販路も豊富なため、すぐに売却したいときには親身になって対応してくれます。

地元不動会社が不動産一括査定に登録していない場合もあるので、家を売却したいときは地元の不動産に相談をする選択肢も考慮しながら、不動産一括査定を利用することによって、納得のいく売却額で家を手放すことができます。

>>家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較! へ戻る