家を売却するならどのタイミングがベスト?

家を売却するならどのタイミング?

家を思い切って売却するベストのタイミングはいつなのでしょうか。

通常、不動産の市場は転勤や移動の時期が多くなる1月~3月が動きが活発になるため、
賃貸物件などの取引は多くなるといわれています。

ですが、売却物件は比較的どの時期でもニーズはあるようなのでどのような季節や時期がよい、
といったことは特にないようです。

どちらかというと築年数や建物の内部の状態によって取引金額がかなり違ってくるので、
必要に応じて適宜リフォームを入れてメンテナンスをするといったような点は考慮しておいたほうが良いかもしれません。

家をベストな状態で売却できるのは築10年~20年未満の物件です。

その時期であれば比較的良い値段で取引できます。

築年数に関していえば、家の売却はあまり早すぎても、遅すぎてもメリットがありません。

新築物件をすぐ売却すると、市場で2~3割減で販売されることになるのであまりお勧めできません。

また固定資産税も築3年は安くなっていますので、その期間は少なくとも保有しておいたほうが良いようです。

また、長年空き家にしておいた自宅は、居住しなくなった日から3年目の12月31日までに売れば、「マイホーム特例」として売却物件3,000万円に対して控除が認められています。

相続で受け継ぐ予定の場合は申告期限から3年まで相続税の一部を家の所得費から差し引くことができるといった制度もあります。時期や税金の仕組みなどもよく調べてからベストなタイミングで家を売却計画をたてることがよいようです。

>>家を売却!大手不動産と中小不動産の特徴を比較! へ戻る