家を売却!良い不動産屋・悪い不動産屋の見分け方はある?!

不動産選びで何百万円も損する?!

家を売却する時に何が大事かと言いますと良い不動産屋を見つける事になります。
街中にはたくさんの不動産屋がありますが、その中で良い不動産屋と悪い不動産屋を見分けるのは難しいかもしりませんが、少しでも良い条件でトラブルがないように家を売却できるように見分け方を知る必要があります。

良い不動産屋と悪い不動産屋の見分け方になりますが、いくつかのポイントがあります。
不動産屋の奥は店頭に物件情報を掲載していますが良い不動産屋は常に情報を更新しており更新日も掲載しています。

逆に悪い不動産屋だと募集が終わった物件でも良いものであれば広告のために掲載している事も多く、ホームページの更新もそれほど行わっておらずスタッフや店舗の情報も曖昧なので情報を開示している不動産屋を選んでください。

次に大事なのが問い合わせをした時に無理な接客をしていないかです。

強引に契約を結ばせようとしたり、誇大広告で釣ったりと営業の担当者が急かさせるようでしたら要注意です。
これらの強引な接客がなく希望に対して提案をしてくれる不動産屋が良い不動産屋や担当者であり、物件のマイナス部分もしっかり指摘・分析してくれる方は信用できます。

また情報に強い不動産屋は地元の事をよく知っていますので地元の事を聞くのも良いかもしれません。

良い不動産屋を見分けるためには、実際に訪問したり、情報を見たりして更新がされているか対応が真摯に対応してくれて信用できるかどうかで判断する事になります。

情報に強く、しっかりと見てくれる不動産屋は任せる事ができ家の売却で頼りになります。