家を売却した際の仲介手数料は値引きできる?

仲介手数料は値引きできます

不動産の取引は、何千万円以上の高額の取引で、人生の中でも経験する機会は限られています。

経験する機会は限られていることに加えて、仲介手数料や登記費用、税金などの様々な諸費用が掛かるので、家を売却する場合、いくらで契約すると実際にいくら手元に残るか、試算しておくと安心です。

 諸費用の中で、登記費用は一般的には購入する側が負担するので、売り手は心配する必要がありませんが、売却時点で住宅ローンの残債が残っているなど、抵当権の抹消が必要な場合、所有権移転登記の事前準備は売主が支払います。
 不動産の取引には、媒介(仲介)と直接取引があります。

 市場で不動産会社に買い手を募集してもらうことを媒介といいますが、不動産会社が直接の買い主になる場合は媒介ではないので仲介手数料は不要です。

 不動産会社が買い手となる場合、不動産会社はそれにリノベーションをするなど、付加価値をつけて転売するため、一般的には市場で買い手を募集する媒介よりは低い価格での取引になります。直接取引のメリットは、短期間で確実に資金化できることなので、買い換えで次の物件が決まっているときなどに便利です。

 市場で買い手を募集する媒介取引の仲介手数料は、取引価格の3%程度と決まっているため、取引価格が3千万円なら100万円近い高額になり、諸費用の一部と軽視できない金額です。

 仲介手数料は、国土交通省の告示で上限が定められており、多くの不動産会社はこれを根拠にしているので、一見横並びです。ただし、告示の定めは上限なので、値引きは禁止されていません。

 取引成約してからの値引き交渉は困難なので、交渉は事前にしておくと効果的です。