家を売却するならリフォームしたほうがいいトク?

リフォームは見栄えがいいけど・・・

家を売却するならリフォームしたほうがいいという話がありますが、これは場合によってはリフォームしたほうが高く売れるケースがあり、逆に費用のほうが高くついてしまうケースもありまして、物件や条件によって変わってきます。

家を売却する時にリフォームをした場合のメリットになりますが、見栄えが良くなりますので印象がかなり良くなります。
特に室内が綺麗だと買い手が付きやすいと言われていまして、成約率が全然変わってきます。

元々家を購入したらリフォームをしようと考えている人が多いので事前にしていたほうがローンを組めない人には有難いですし、その費用を考慮しなくて済みます。

デメリットはずばり!費用面!

逆に家をリフォームして売却する時のデメリットになりますが、費用がかかりますので、その分だけの費用が売却時の価格に上乗せできなければ赤字となります。

さらに自分でリフォームを行いますので買い手とのイメージが違ってしまうと売り辛くなるケースもありますし、自分で行いたいと考えている人も多いです。

このように買い手にとって良いイメージのリフォームをできるのであればメリットとなり、通常よりも高く売却する事ができます。

しかし、基本的に高く売却できると決まってはいませんので物件の状況によって左右されますので不動産屋の担当者と相談して決める必要があります。

ちょっと手を加えて綺麗にするだけなら、それほど費用がからず特に水回りを綺麗にしておくと喜ぶ人が多くいますので、プラスに働く事が多いです。